洗濯用粒状せっけん

家計調査年報分類名称

生活用品

   

提携生産者名

ヱスケー石鹸(株)

せっけんは約5,000年もの昔から使われ続けてきた洗浄剤です。環境にかける負荷が少なく、環境中に排出されるとせっけんカスとなり、水中生物や小魚のエサになったり、プランクトンにより水と炭酸ガスに分解され、自然の循環に寄与します。
合成洗剤に含まれる金属封鎖剤、蛍光増白剤、ゼオライトも不使用ですが、せっけんは汚れ落ちも良く、柔軟剤を使用しなくてもふんわり仕上がります。洗濯機に入れるときには、洗濯槽へ直接せっけんをパラパラと振りかけるように入れてください。泡が立つぐらいの量で洗濯すればせっけんカスも付きにくいので、洗濯物の汚れや水質に合わせて使用量を調整することがポイントです。(使用量目安:50g/水40リットル)

規格容量 1.6kg
保存温度 常温
賞味期限
原材料(包材表示) 原材料:脂肪酸ナトリウム/炭酸塩/グリセリン/塩化ナトリウム/香料(フローラル) 「用途」:綿、麻、レーヨン、合成繊維  「液性」:弱アルカリ性   遺伝子組み換え対策分類

対策対象外

アレルギー情報
物質名 コンタミネーション物質名
備考
ご利用方法
加熱調理必要性の有無 なし
調理方法・用途等 【使用量の目安】・計量カップ(200cc)の場合:水量60lで70g/95cc 水量50lで60g/80cc 水量40lで50g/65cc  ・専用スプーンを使用した場合:水量60lに対し70g 水量50lに対し60g 水量40lに対し50g  水量4lに対し5g  *絵表示を含む  ●上手な洗濯のコツ:1.使用量は正確に ・洗濯機の水量を確認して、石けんの使用量を守りましょう。・石けんの使用量は、洗濯物を入れた後でも水面に手のひらサイズほどの泡が立つ量が適量と考えてください。 2.溶かして使う ・洗濯機を回しながら(強水流)石けんを入れ、石けんが完全に溶けてから衣類を入れます。 3.洗濯物は少なめに ・洗濯物を多く入れすぎると洗いムラの原因になります。 4.すすぎ ・すすぎはしっかりと。・リンスをする場合は最後のすすぎ時に洗濯仕上げ剤リンスを入れます。 5. すぐに干す ・においや黄ばみを防ぐ為に、洗ったらすぐに干します。・まれに色の濃い衣類に白い筋のようなものが付着することがあります。これは石けんの脂肪酸と水に含ま れる金属イオン(カルシウム・マグネシウム等)が結びついた金属石けん(石けんカス)です。それを防ぐに  は、きちんと泡立つ量の石けんを使用すること、洗濯物を入れすぎないこと、この2つがポイントです。 *ドラム式洗濯機の場合のせっけんの投入は、衣類に直接振りかけるか、水等で良く溶かしてから投入口に入れてください。
使用上の注意 幼児の手の届くところに置かないでください。荒れ性の方や長時間お使いになる場合、炊事用手袋をご使用ください。湿気の多いところに置かないでください。
検索結果へ戻る トップへ戻る