本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。

いつまでも、私らしくイキイキと。 「美食百彩」コラム②【3回連載】

2019年5月、生活クラブから「美食百彩(びしょくひゃくさい)」がデビューしました。いくつになっても「長年、親しんできた消費材をずっと食べ続けて健康に私らしく暮らしたい」という組合員の声に応えた消費材シリーズです。

日本人の平均寿命は、2017年の厚生労働省の調査では男性が81.09歳、女性が87.26歳と年々伸び続けています。長生きは喜ばしいことですが、心身ともに健康で自立した生活を営める期間の「健康寿命」との差は男性が約9歳。女性が約12歳ほどの開きがあります。いきいきと健康に生活できる期間をどう延ばすか、平均寿命との差を縮めることに関心が高まっています。

健康寿命を延ばすために欠かせないのが「食事」と「運動」、そして「社会参加」といわれています。
食事の栄養バランスを整え、適度な運動と家族や仲間との交流を楽しむことが、これからも自分らしく健やかにアクティブに暮らしていくためのコツです。
2回目の今回は、「運動」をテーマに気軽に始められる運動法などについても紹介します。

栄養を意識したメニューづくりの一助として「美食百彩シリーズ」を取り入れながら、楽しくおおらかに実践していきましょう。
 
●第1回:美食百彩コラム:生活クラブが考える「健康な食」について  2019年9月27日掲載

筋肉のもと「たんぱく質」をしっかり摂って

いくつになっても、自分の足で好きなところへ出かけたい。そのためには、適度な筋肉がついた丈夫な足腰をつくることが欠かせません。

運動による刺激と、良質なたんぱく質を取り入れた食事を摂ることで、年齢にかかわらず、筋肉量はいくつになっても高めることができます。食事に関しては、 栄養バランスの良い食事を基本とし、主菜と乳製品が不足しないよう意識することが大切です。

1日に必要なたんぱく質の量は、18歳から70歳以上まで変わらないことをご存じでしょうか?たんぱく質は、体をつくることのほかにも、体の機能を調節する大切な役割を果たしています。たんぱく質の不足が続くと、免疫機能の低下や低栄養になる恐れがあります。

たんぱく質が豊富に含まれる肉などの食材ですが、年齢と共に「噛みにくい」、「食べきれない」などの理由で避ける傾向があります。1日に必要な量をキープするためにも、良質なたんぱく質が手軽に摂れる食材がほしい。そんな時こそ、「美食百彩」がオススメです。

生活クラブの「美食百彩」は肉・魚・大豆などを、食べやすい柔らかさに調理しています。健康な体づくりに欠かせない良質なたんぱく質が、袋を開けるだけ、あたためるだけで食べられるので、日々の食卓にぜひ取り入れてみてください。

「今より10分多く動く」を積み重ねて

運動には生活習慣病の予防や体力づくり、気分転換やストレス解消などの効果があります。それに加えて、体型の維持や理想の体型に近づいていけるなど、美容に良いのもうれしいポイントです。カラダが引き締まると、若々しく活気のある印象になり、人前に出るのが楽しくなります。また、運動は努力した分が結果に表れやすく、心身の変化が目に見えてわかるのでやる気につながります。

心と体の変化は運動の習慣を続けてはじめて感じられるものですが、特別なことをする必要はありません。「今より10分多く動く」を意識して、日常の中で無理なく続けられることをすれば大丈夫です。たとえば、部屋の掃除や炊事、ウォーキングや散歩、階段の上り下りなど時と場所を選ばず、楽しみながらできることは沢山あります。
簡単すぎて、「これだけでいいの?」と思うかもしれませんが、続けていくことで階段で息切れしなくなるなど、変化に気づくはずです。

レジスタンス運動で、さらに筋力UP

体を動かすことに慣れてきたら、レジスタンス運動に挑戦してはいかがでしょうか。レジスタンス運動とは、スクワットや腕立て伏せなど筋肉に一定の負荷をかける運動で、筋力の維持や向上に効果があるといわれています。

とくにお腹や太もも、お尻など大きい部位の筋肉をつけると代謝が上がり、足腰が丈夫になり、ロコモーティブシンドローム(※1)やサルコペニア(※2)の予防にもなります。いつまでも自分の足で好きなところへ出かけられる体づくりを目指して、「今より10分多く動く」にレジスタンス運動をほどよくプラスしてみませんか?


(※1)運動器症候群。 骨や関節、筋肉など運動器の衰えが原因で、 「立つ」「歩く」といった機能(移動機能)が低下している状態のこと
(※2)加齢や疾患により、筋肉量が減少することで、握力や下肢筋・体幹筋など全身の筋力低下が起こること

管理栄養士のひとことコラム

良質なたんぱく質が手軽に摂れる牛乳はおすすめです。
体内でたんぱく質を合成する時に必要なのは、9種類の必須アミノ酸をバランスよく摂ることなので、これがバランスよく含まれている良質なたんぱく質食材を摂りましょう。

生活クラブの牛乳は健康な牛から搾った生乳を72℃15秒間殺菌しているので(パスチャライズド製法)、熱に弱い水溶性たんぱく質が残っているうえに、さらりとしてほんのり甘い生乳本来のおいしさが楽しめますよ。
 

●生活クラブ「美食百彩」シリーズ
長年親しんできた生活クラブの消費材を食べ続けて、健康に暮らしたい、という組合員の声に応えるために「彩り豊かに」「簡単に食べやすく」「低栄養状態を予防」することを目的として開発した消費材です。

「美食百彩SELECT」も充実

生活クラブをはじめませんか?

40万人が選ぶ安心食材の宅配生協です

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。